蘊蓄・豆知識

明日はお茶会! 16日の黄八丈セミナーから、黄八丈の染について・・・

不安定なお天気が続きますね。
雨が降ると湿度が上がって気持ち悪いですね。
明日は雨も上がるようで 良かったです。
今日はお茶室(というほどのものではないですけど)の準備で
お道具の確認や 会記を先生に書いて頂いたり。
お花も 明日増やしますけど 取りあへず大好きな吾亦紅を用意しました。
毎年 咲くのを楽しみにしている土手が草刈りされてしまった・・・
秋明菊はまだ蕾が硬いし、花入れが小さいのでススキは入らない。
ホトトギスを頂けるようなので ホトトギスともう1つ小さいのを何か、と思っています。
二十数年振りのお茶会、楽しみです。

お茶会が終わると 16日が黄八丈セミナーです。
19日からはチャーミングセール。
gotoキャンペーンも 10月からは東京発着が使えるようになるみたいですし
そろそろ着物でのお出かけもしたいですよね。
少しずつ、気温も下がってはいますので どうぞお出掛けください。
じざいやはいつでも お待ちしております。

16日のセミナー 17時からの回にお二人分空きがございます。
黄八丈の魅力、その歴史と染織の詳細をお話くださいます。
今日のnoteにも 黄八丈の染について簡単に書きました。 こちら

黄八丈について もっと知りたくなりましたら
参加費無料ですので ご予約ください。

こんな材料を使って 美しい糸を染めているんです。 黄八丈の黄八丈たる、美しい黄色の小鮒草。 憧れの黒八丈は 椎の木の皮で下染して泥で染めます。 大島紬の泥染の色とは微妙に違います。 マダミ、とも呼ばれる タブノキで染めると 赤味のあるい美しい鳶色になります。
どれも一度で染まる色ではなく、糸を傷めないように 丁寧に何度も重ね染されて、
ようやく色付くのです。

note には 黄八丈のことの他、着物の蘊蓄やじざいやの想いを書いていますので
よろしければ こちら お読みください。

このところ ブログ村も3位。2位とは僅差なのでぜひ、ポチ、っとお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ にほんブログ村
2位に返り咲けるか!?





今 じざいやにある山下芙美子さんの黄八丈は
黄八丈の3原色を巧みにつかって そこに無い色を感じさせるマジックのようです。
この色の不思議は 大事に丁寧に根気良く染める 八丈島ならではの染めがあってこそです。

動くごとに変化する綾織の不思議、糸の良さからくる、しなやかさを体感ください。  


公式ラインアカウント、お友達が100人になりました!
100人記念になにかやりますので まだお友達になってない方はお友達になってください~~

友だち追加

どうぞ、ランキングアップにご協力を!! 今日も1ポチ!!
下の「にほんブログ村」という文字をクリックして下さい。
ブログ村のランキングページへ飛びます。
 
ランキングページで、「じざいや的日常」をクリックしてこのページに戻ります。
 
これで、inポイントとoutポイントが付きます。
 
応援、ありがとうございます!ポチ、っと一押しお願いいたします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ にほんブログ村
 
 
 
 
じざいや 〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町3-145-2 TK1ビル3F 月曜火曜定休日 12時~19時
 電話 045-662-8005
 
 
 
 
 

絽・紗・羅の違




夏物・・・透ける着物・帯の総称ですが とても種類が多いのが 夏物の特徴でもあります。

透けるから夏物なんだろうけど 一体これは何? いつ、どんなコーディネイトで着るの?

という お問い合わせを頂くことも多いですし 検索キーワードには 

「絽と羅の違い」なんて言葉が多く出てきますので 夏物について 書いてみます  

まず 大抵の呉服屋さんで夏の着物、と薦められるのが「絽」。

小紋~振袖、留袖などの正装にも使われる 夏の定番です。

三本、五本、または七本ごとの緯糸に経糸を絡め 隙間を作って織られたものです。

それぞれ、三本絽、五本絽、七本絽と呼ばれ 絽目(隙間)の幅が広くなっていきます。

経糸に緯糸を絡めた 経絽もあります。

また 糸に撚りをかけない平絽と 強い撚りをかけた駒絽があり 駒絽の方がシャリ感があり涼風に優れています。

絽に様々な模様を織り込んだ 紋絽もあります。​絽の帯。​ これも絽ですが 糸の太い絽つづれ、という八寸帯。

次いで「紗」

絡み織りの一種です。

経糸二本が一組になり そこに緯糸が織り込まれるごとに 経糸がよじれ、 隙間を作る織り方です。

絽よりも全体の透け感が強くなります。

いくつかの種類があり メーカーによって呼び方も違うことがありますが

粋紗(翠紗・すいしゃ)と呼ばれるものは 玉糸を使って紬風の風合いを持たせたものです。 (玉糸を使っていないものもある)

紋紗 は 地模様を織り出した紗です。

近頃見ませんが アンティークによくあるのが二重紗。

二重組織になっていて 裏と表が別の色で織られていたり、裏が縞や市松などの 柄になっていたりします。

着物のほか、コートにしたりします。

贅沢なお洒落着として 名前は耳にするけど なかなかお目に掛かれないのが 紗合わせ。

紗を2枚、もしくは 紗と絽を合わせて仕立てたもので

表に無地、裏に友禅柄などを描くことで 表地を通して裏の柄が透けて見えるもので 単衣の時期のきものとなります。  

「羅」もよく耳にすると思います。

正倉院の御物にもあるもので 古くから知られてはいたものの 

織り方が複雑すぎて 一時は技術が途絶えてしまっていたものを 昭和になって 北村武資氏が復元しました。

紗や絽より複雑な搦み組織で、 紗や絽は二本の経糸が一組になって緯糸を交差するのに対して、

羅は経糸すべてが次々と連続的な交差をし、ねじれて連なっています。

織る、より編むような感じ。

機も特殊なものです。

本物の羅は限られた高価なものですが

一般に羅の帯、羅のコートと呼ばれるものは 太めの糸で荒く織られた「荒紗」のことです。

夏の紬は 透け感のあるものを紗紬、夏紬と呼びますが撚りを掛けた糸や生紬を使って シャリ感を出したものの総称です。各産地の名のついた 夏大島、夏黄八、夏塩沢、夏牛首、夏結城・・・夏大島は奄美や鹿児島でも織られていますが夏黄八は 八丈島ではなく十日町で織られています。夏結城も 結城ではなく十日町で織られているものが多いですね(結城では 真綿と麻の交織の夏結城を見せてもらったことがあります)明石縮 も明石の名が付いていますが十日町産です。まぁ 産地はどこであれ 夏の季節に着る 透け感のある紬で 以前は盛夏(7,8月)のものでしたが近年は 透け感の少ない濃い色のものは 単衣の終わりや 秋単衣の最初の時期にもお召しになるのも ありになってきました。 だって 6月9月でも30度超えたら  普通の単衣なんか暑くて着られません~~~盛夏は麻ものしか着られないし^^;